軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

タント、動力伝達装置 (シフトケーブル)のリコール/平成27年12月4日

   

平成27年(2015年)12月3日に、ダイハツ工業株式会社より、国土交通大臣に対してリコールの届け出がありました。

対象車両は…

  • タント(DBA-LA600S)
  • タント(DBA-LA610S)

平成25年9月26日から平成26年4月14日までに製造されたタント(2WDと4WD)が主な対象です。

このリコールに対する正確な情報は、国土交通省の公式サイトまたは、ダイハツのリコール情報にて!

タントのリコールについて
(DAIHATSUリコール・改善対策情報)

リコールの届出について(ダイハツ タント)
(国土交通省)


リコール対象車の車台番号の範囲及び製作期間

国土交通省発表のPDFファイルより抜粋した情報です。

ただし、最終確認は上記の公式サイトにてお願いいたします!

タント(DBA-LA600S)

LA600S-0000073~LA600S-0108679
平成25年9月26日~平成26年4月14日

タント(DBA-LA610S)

LA610S-0000063~LA610S-0022087
平成25年9月27日~平成26年4月14日

不具合による症状

自動変速機(CVT)の、シフトケーブル固定部の組付けが不適切なため、当該固定部の嵌合が不十分なものがあるそうです!

そのため、そのままの状態で使用を続けると、シフトケーブルが固定部から外れ、シフトレバーの位置と異なるレンジに固定され、最悪の場合、意図せず車両が動き出す恐れあり。

推測するに、シフトポジションが、NやPだと思っていたのに、実はDに入っている状態が発生するという感じでしょう。

それは、怖い状態ですので、該当しているタントを所有されている方は、早めに対策しておきたいところです。

個人売買等で、タントを購入した方、中古でタントを購入された方は、自ら確認しましょう。

車買取

 - リコール・不具合情報


  関連記事

コペンのリコール 2017.04.13
ダイハツ コペン 助制動灯(ハイマウントストップランプ)のリコール/平成29年4月13日

平成29年(2017年)4月13日、ダイハツ工業株式会社より、国土交通大臣に対し …

ダイハツの軽自動車(大規模リコール)
ミラ/タント/ムーブ/キャスト等、ダイハツ軽のリコール/令和3年6月24日

令和3年(2021年)6月24日、ダイハツ工業株式会社は、国土交通大臣に対してリ …

N-BOXとN-VANのリコール
N-BOXとN-VANで、電気装置(後退灯制御リレー)のリコール/令和2年2月27日

令和2年(2020年)2月27日に、本田技研工業株式会社より、国土交通大臣に対し …

三菱の軽とニッサンの軽自動車リコール
デイズ、デイズルークス、eK、eK SPACEで、原動機のリコール/平成27年9月3日

平成27年(2015年)9月3日に、三菱自動車工業株式会社より、国土交通大臣に対 …

ダイハツのタント(二代目)
タント、車体(バックドアステー)のリコール/平成28年7月21日

平成28年(2016年)7月21日、ダイハツ工業株式会社は、国土交通大臣に対して …

Daihatsu 7車種でトルコンのリコール
ダイハツの「ムーヴ」「ミライース」「タント」等、7車種で自動無段変速機(CVT)トルクコンバータのリコール/平成29年3月30日

平成28年(2017年)3月30日、ダイハツ工業株式会社より、国土交通大臣に対し …

ニッサン ルークス 2016.04 リコール
ルークス(日産)、制動装置(ブレーキホース)のリコール/平成28年4月8日

日産のルークスですが、スズキ株式会社(※)から、国土交通大臣に対して、平成28年 …

ニッサン・ルークスとマツダ・フレアワゴンのリコール
日産ルークス・マツダ フレアワゴンでリコール!不合箇所:かじ取り装置/平成29年9月29日

スズキ株式会社から、平成29年9月28日に、国土交通大臣に対し、リコールの届出が …

ワゴンR等、計8車種のリコール
ワゴンR、アルト、パレット等の四輪駆動車、動力伝達装置(インターミディエイトシャフト)のリコール/平成29年2月23日

平成29年(2017年)2月23日、スズキ株式会社から、国土交通大臣に対して、リ …

MOVEのリコール2016年3月
ムーヴ、足踏み式駐車ブレーキのリコール/平成28年3月31日

平成28年(2016年)3月31日に、ダイハツ工業株式会社より、国土交通大臣に対 …