軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

最新型フレア(マツダ) リコール 対象744台/2017年7月7日

   

スズキ株式会社から国土交通大臣に対し、平成29年(2017年)7月6日にリコールの届け出がありました。

スズキ・ワゴンRで不具合箇所が判明した為です。

マツダのフレアは、スズキ・ワゴンRのOEM車両ということで、同様の不具合あり!

ただ、2月に新型に移行したばかりということで、対象車両は、744台と少ないです。

詳しくは、以下のオフィシャルサイトをご覧ください。

フレアのリコールについて
(MAZDA リコール等情報)

リコールの届出について(スズキ ワゴンR 他)
(国土交通省)


リコール対象車の車台番号の範囲及び製作期間

概要を紹介します。

※最終確認は、オフィシャルサイトににて!

フレア(DAA-MJ55S)

MJ55S-100003~ MJ55S-101021
平成29年2月1日~平成29年2月23日

不具合の内容

ちょっと小難しい感じなので、オフィシャル情報をそのまま書いておきます。

改善個所の説明図

補助電源モジュールの制御プログラムが不適切なため、減速時アイドリングストップ状態から再加速に切り替わる過渡期に、スタータ機能付発電機に流れる大電流を過大と判断し、鉛バッテリーへの充電回路を遮断したままとする保護制御に入ることがあります。

このため、表示灯が点滅し、そのままの状態で使用を続けると、鉛バッテリーが放電し、最悪の場合、エンストやエンジン始動不能に至るおそれがあります。

国交省のリコール届出一覧表より

難しいことは抜きにすると!

不具合を放置した場合、バッテリー上がり状態になってしまうようです。

高速道路などで止まってしまうと怖いので、対象車両をお持ちの方は、早めに改善対策してもらいましょう。

改善の内容

補助電源モジュールの制御プログラムを書き換えるか、補助電源モジュールを対策品に交換することで、不具合が改善されるようです。

車買取

 - リコール・不具合情報


  関連記事

タントの改善対策 2016年4月
タント、乗車装置(ルーフサイドガーニッシュ)の改善対策/平成28年4月14日

平成28年(2016年)4月14日、ダイハツ工業株式会社は、国土交通省自動車局長 …

リコール!デイズ・eKシリーズ
日産 「デイズ」「デイズルークス」と三菱「eK」「eKスペース」 原動機のリコール/平成29年1月27日

平成29年(2017年)1月27日、三菱自動車工業株式会社から、国土交通大臣に対 …

MAZDAの軽自動車でリコール
マツダの軽自動車2車種「AZ-ワゴン」「フレアワゴン」でリコール/リコール開始:平成28年3月4日

マツダ株式会社へ「AZ-ワゴン」「フレアワゴン」を供給しているスズキ株式会社から …

エブリィワゴン等の改善対策
エブリイワゴン他、4車種、乗車装置(座席表皮取付フック)の改善対策/平成28年6月30日

平成28年(2016年)6月30日、スズキ株式会社から、国土交通省自動車局長に対 …

スズキのパレット(リコール) 2017.09.28
パレット(スズキ)にて、かじ取り装置(パワーステアリングコントローラ)のリコール/平成29年9月28日

国土交通大臣に対して、スズキ株式会社から、平成29年(2017年)9月28日、リ …

三菱どの軽(リコール箇所)
ミニキャブ、MINICAB-MiEV、クリッパーで警音器(ホーン)のリコール/平成28年9月23日

三菱自動車工業株式会社は、平成28年(2016年)9月23日付けで、国土交通大臣 …

AZワゴンとキャロル、スピアーノのリコール
AZワゴン、キャロル、スピアーノ(4WD車) リコール!動力伝達装置(インターミディエイトシャフト)/平成29年2月23日

平成29年(2017年)2月23日、国土交通大臣に対して、スズキ株式会社より、リ …

タント 2015年12月3日 リコール届け
タント、動力伝達装置 (シフトケーブル)のリコール/平成27年12月4日

平成27年(2015年)12月3日に、ダイハツ工業株式会社より、国土交通大臣に対 …

スズキのパレット(リコール情報)2016.04.07
スズキ パレット、制動装置(ブレーキホース)のリコール/平成28年4月7日

国土交通大臣に対して、スズキ株式会社から、平成28年(2016年)4月7日に、リ …

ダイハツの軽自動車(大規模リコール)
ミラ/タント/ムーブ/キャスト等、ダイハツ軽のリコール/令和3年6月24日

令和3年(2021年)6月24日、ダイハツ工業株式会社は、国土交通大臣に対してリ …