軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

ルークス(日産)、制動装置(ブレーキホース)のリコール/平成28年4月8日

   

日産のルークスですが、スズキ株式会社(※)から、国土交通大臣に対して、平成28年(2016年)4月7日、リコールの届け出がありました。

※ルークスがスズキからOEMで供給を受けていた車種だから。

このブレーキ関係のリコール詳細は、以下のサイトで確認できます。

ルークスのリコールについて
(日産自動車リコール関連情報)

リコールの届出について(スズキ パレット 他)
(国土交通省)


リコール対象車の車台番号の範囲及び製作期間

上記のリコール詳細からピックアップ!

ルークス(DBA-ML21S)

ML21S-100004~ML21S-133278
(平成21年11月2日~平成23年6月1日)
24,509台

ML21S-500005~ML21S-549923
(平成21年11月2日~平成23年6月1日)
43,186台

ML21S-950001~ML21S-956365
(平成22年8月2日~平成23年6月3日)
6,365台

ルークス(CBA-ML21S)

ML21S-800015~ML21S-811098
(平成20年11月2日~平成23年6月1日)
6,604台

不具合による症状

前輪のブレーキにおいて、ブレーキホースのレイアウトが不適切なため、ハンドルを一杯に切った際、曲げRが小さくなり、その繰り返しでブレーキホースの内部に亀裂が発生することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると亀裂が広がり、ブレーキ液が漏れて警告灯が点灯し、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。

ブレーキ関連なので、早めに改善対策を行いたいところです。

ブレーキ液が漏れ始めた段階で、タイミングよく定期点検や車検で分かったと言う方も少なくなかったかもしれないですね。

車買取

 - リコール・不具合情報


  関連記事

MOVEとTANTのリコール(デフロスター)
ムーヴ及びタント、電気装置(ヒューズボックス)のリコール/平成27年10月8日

平成27年(2015年)10月8日に、ダイハツ工業株式会社より、国土交通大臣に対 …

コペンのリコール 2017.04.13
ダイハツ コペン 助制動灯(ハイマウントストップランプ)のリコール/平成29年4月13日

平成29年(2017年)4月13日、ダイハツ工業株式会社より、国土交通大臣に対し …

当該リコールの概要
「eK」「eKスペース」「デイズ」「デイズルークス」で乗車装置(ドアラッチ)のリコール/平成29年4月6日

三菱自動車工業株式会社から、国土交通大臣に対して、平成29年4月6日、リコールの …

アルトラパンのリコール 2017.04.14
アルトラパン(スズキ) ガス封入式バランサのリコール/平成29年4月14日

平成29年(2017年)4月14日、前日にスズキ株式会社から、国土交通大臣に対し …

MAZDAの軽自動車でリコール
マツダの軽自動車2車種「AZ-ワゴン」「フレアワゴン」でリコール/リコール開始:平成28年3月4日

マツダ株式会社へ「AZ-ワゴン」「フレアワゴン」を供給しているスズキ株式会社から …

ダイハツの軽自動車(大規模リコール)
ミラ/タント/ムーブ/キャスト等、ダイハツ軽のリコール/令和3年6月24日

令和3年(2021年)6月24日、ダイハツ工業株式会社は、国土交通大臣に対してリ …

SUZUKI ALTO などのリコール
アルト、MRワゴン(スズキ)、アルトラパンにて、電気装置(ワイヤハーネス)のリコール/平成30年6月7日

国土交通大臣に対して、スズキ株式会社から、平成30年(2018年)6月7日、リコ …

ダイハツのタント(二代目)
タント、車体(バックドアステー)のリコール/平成28年7月21日

平成28年(2016年)7月21日、ダイハツ工業株式会社は、国土交通大臣に対して …

スズキ 3種 軽自動車 リコール
ワゴンR、パレット、アルトラパン、エアコンコンプレッサーのリコール/平成28年3月3日

平成28年(2016年)3月3日に、スズキ株式会社より、国土交通大臣に対してリコ …

スズキ ジムニー、燃料ホースのリコール/令和1年7月10日

国土交通大臣に対して、スズキ株式会社から、令和1年(2019年) 7月10日に、 …