軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

スペーシア(スズキ)三代目へ!電動Pブレーキも初採用

   

スズキ(SUZUKI)の 新型スペーシアが、2023年11月22日(水)より発売です。

二代目が、2017年12月14日(木)に登場しているので、約6年を経て、フルモデルチェンジされ、三代目となります。

10月に新型となった3代目N-BOXが、好調な売れ行きとなっているようですが、そのホンダN-BOXを脅かす存在に、新型スペーシアはなり得るか!?

注目です。

ただ、目標販売台数(月間)が、合計12,000台なので…。

 

スペーシアカスタム HYBRID XSターボ

スズキ四輪製品ニュース

スズキ、軽乗用車 新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売


フルモデルチェンジ概要

前方から見たイメージでは、スペーシアは大きく変わった印象を受けません。

スペーシアカスタムに関しては、大きかったフロントグリルが分割されて、個人的にはかっこよくなった印象です!

スペーシアHYBRID X

サイドに関しては両者ともにプレスライン数が多くなっています。

前モデルとの比較でも、少し印象が変わります。

新型N-BOX(三代目)

ライバルのN-BOXと比較すると、N-BOXの方がシンプルで優しい感じ。

スペーシアの方は、圧しが強く感じてしまいます。

好みの問題になりますが、個人的な好みとしては、N-BOXかなと!

N-BOXに迫力をということであれば、無限のエアロパーツ等を装着するのもありかと…。

無限 MUGEN | N-BOX

装備面での個人的な注目点としては、ススキの軽自動車としては、初の電動パーキングブレーキ採用です。

これで、アダプティブクルーズコントロール(ACC)で、全車速追従機能に加えて、停止保持機能が付きました。

ただし、カスタムは全車標準装備ですが、スペーシアは、セーフティプラスパッケージ装着車に限られてしまいます。

セーフティプラスパッケージは、66,000円高(消費税込み)とのことです。

スペーシア HYBRID Gには記載がないので、選べないのかもしれないです。

気になる方は販売店等で、確認してみてください。

その分、価格は抑えられるとは思うのですが、全車標準装備のN-BOXに対しては…。

有り無しの選択が可能という意味では、スペーシアの方が柔軟性ありとも言えますが…。

ただ、電動パーキングブレーキの楽さを一度体験してしまうと、装備無しを選ぶことは無いと思います。

あとは、ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせにより、検知対象を車両や歩行者、自転車、自動二輪車とし、交差点での検知にも対応した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポートII」を、スズキで初めて採用!

こちらは、全車に標準装備です。

個人的に欲しいパドルシフトは、スペーシアカスタムの「HYBRID XS TURBO」に、標準装備。

シートヒーターに関しては、スペーシアHYBRID Gは4WD車のみ、カスタムのHYBRID GSは、助手席は4WD車のみで、他のグレードは「運転席」「助手席」共に標準装備です。

スタアリングヒーターも標準装備しているのが、「HYBRID XS TURBO」「HYBRID XS」です。

価格的には、カスタムHYBRID XS TURBOが200万円を少し超えますが、HYBRID XSが199万円くらい。

スペーシアHYBRID Gが153万円で、N-BOXが165万円からとなるので、購入しやすいスタート価格となっています。

ただ、電動パーキング不要であればということにはなります。

全く同条件で比較するのは、無理ですが装備など似たような感じで考えると、大差はないように思います。

ボディカラーだと、N-BOXには、2トーンカラーの設定(※)がありません!

※この記事入稿時点。

対してスペーシアでは、「HYBRID X」で設定があります。

細かな装備だと、後席に付いた「マルチユースフラップ」は、欲しい!

「スペーシア HYBRID G」「スペーシア カスタム HYBRID GS」は除くとのことですが…。

それと、小物類などの収納ポケットなども充実している印象です!

燃費的には、車両重量が少し軽いうえに、マイルドハイブリッドとなるスペーシアの方が有利かなと思います。

走らせ方などによっても変わってくる要素なので、絶対にスペーシア!とも言い切れませんが…。

特にターボモデルでは、カタログ燃費的にも大差はありません。

また、全方位モニター付メモリーナビゲーションが、どのグレードでも選べるのは、スペーシア!

オンライン見積もりで買いやすさを比較すると、残価設定クレジットなら、N-BOXの方が買いやすそうです。

残価が高めに出るからです。

※60回ボーナス払い無しでの比較。

あとは、今でもスズキの「かえるプラン」だと値引きゼロなんでしょうか?

分割払いの場合は、金利設定でも支払総額が大きく変わるので、実際にどうなるかは見積もりを取って比較です。

公式サイト

スペーシア | スズキ

車買取

 - 新型車(フルモデルチェンジ)


  関連記事

SUZUKI 3代目 アルトラパン
若い女性に人気のアルト・ラパン(スズキ)が3代目へとモデルチェンジ

2015年6月3日(水)に、全面改良(フルモデルチェンジ)が行われたスズキのアル …

SUZUKI WAGON-R スマイル
ワゴンRスマイル(スズキ)登場!ワゴンRにスライドドアが付いた?

スズキ株式会社は、軽乗用車の新型「ワゴンRスマイル」を、2021年9月10日から …

現行ワゴンR 33km/Lモデル
新型ワゴンR(6代目)の発売時期が遅れる!

予想通りなら、2016年の夏頃(8月~9月)に発売されるハズだった、スズキの新型 …

新型デリカミニ
デリカミニ(新型軽スーパーハイトワゴン)三菱自動車より

三菱自動車より、新型軽スーパーハイトワゴンのデリカミニが、2023年5月より発売 …

DAIHATSU MOVE CANBUS
ムーヴ キャンバス発売!注目の新機能も/ダイハツ

ダイハツ工業株式会社より、新型の軽乗用車が発売されました。 そのニューモデルは、 …

ホンダの新型軽自動車バン N-VAN
N-VAN(ホンダ)発売!軽バンの新基準になることを目指して…

ホンダ(HONDA)の新型軽バン! N-VAN(エヌバン)が、2018年7月13 …

新型N-ONE
N-ONE(ホンダ)がフルモデルチェンジ!6MTも設定

2012年11月01日(金)に、Nシリーズ第三弾として登場したN-ONE! 発売 …

三菱自動車 新型 eKワゴン
eKワゴン(三菱自動車) 新型へ移行!

2019年3月28日(木)に、新型eKワゴンが全国の系列販売会社で販売を開始! …

HONDA S660 オープン2シーターモデル
S660(HONDA)2シーター・オープンの新型軽!誕生/ホンダ

ホンダから新型の2シーター・オープンスポーツモデルの軽自動車S660(エスロクロ …

新型アトレー(ダイハツ)
新型アトレー登場!充実装備の4ナンバー

ダイハツの、軽商用車「ハイゼット カーゴ」「アトレー」及び、それらをベースとした …