軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

eK X(クロス)登場!SUVテイストのクロスオーバー

   

2019年3月28日(木)に、eK wagon(ワゴン)がフルモデルチェンジされました。

同時にSUVテイストのクロスオーバーモデル『eK X(クロス)』も設定!

一般ユーザー向けは、eK wagonよりも、このeK Xが主力モデルではないか?なんて個人的には思います。

eK X(クロス)

仮に日産の「デイズ ハイウェイスター」「eKワゴン」「eK X」中から一台購入する車種を選ぶとすれば、このeK Xが最有力!

eK Xの詳細は、以下のニュースリリース、公式サイトなどで!

新型軽自動車『eKワゴン』『eKクロス』を発売

eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

eKクロス スペシャルサイト | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN


eK X(クロス)

eKワゴン(デイズ)のSUV仕様。

eK X(クロス)

性格的な位置づけは、日産デイズ ハイウェイスターとは異なっていますが、ポジション的にはデイズ ハイウェイスターと同じ立ち位置のモデルと考えることが出来ます。

メーカー曰く

新型『eKワゴン』『eKクロス』は、三菱自動車と日産自動車の合弁会社NMKVが企画・開発マネジメントし、新たな開発・生産プロセスのもと、プラットフォーム・エンジン・CVTといった主要コンポーネントを刷新した新しい軽ハイトワゴンです。

三菱自動車の約60年にわたる軽自動車づくりのノウハウと、日産自動車の先進技術を融合しました。

とのことです。

エクステリアデザインに特徴のあるeK Xですが、搭載されるエンジンなどにもeKワゴンと違いがあります。

eKワゴンが搭載するエンジンには、ターボモデルが存在しませんが、eK Xにはターボ車の設定もあります。

また、eKクロスでは、ターボモデル、ノンターボモデル共にHYBRIDシステムが採用されています。

エンジンとモーターの連携によって燃費の向上が図られ、より力強く滑らかな走りを実現!

加速時では、バッテリーに蓄えた電力を利用して、モーターが駆動力をアシスト!

減速時には、電気エネルギーをリチウムイオンバッテリーへ効率的に充電!

インテリアカラー(eKワゴン)

インテリアでは、eKワゴンではベージュ系の内装色が採用されているのに対して、eK クロスではブラック基調の内装色となっています。

インテリカラー(eK X)

ただ、ブラック&タンのプレミアムインテリアパッケージ等も選ぶことが可能となっています。

※メーカーオプション。

各種装備に関しては、気になる装備も充実!

e-Assist

以下を標準装備。

1)衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

2)踏み間違い衝突防止アシスト

3)車線逸脱警報システム[LDW]&車線逸脱防止支援機能[LDP]

4)オートマチックハイビーム[AHB]

各機能の詳細は、以下の公式サイトをチェック!

e-Assist | 性能・特長 | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

●衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約10~80km/hのときに作動します。歩行者に対しては約60km/h以上では作動しません。約10~60km/hのときに作動します。

●停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキペダルを踏んでください。

●ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。

MI-PILOT

1)アダプティブクルーズコントロール[ACC]

2)車線維持支援機能[LKA]

各機能の詳細は、以下の公式サイトをチェック!

MI-PILOT | 性能・特長 | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

Mグレードは設定なし、GとTでメーカーオプションとなっています。

●巡航走行の場合は、ドライバーがセットした車速(約30~100km/h)を上限に、先行車の加減速に合わせて車速を調整し車間をキープ。また、車線内を走行するようにステアリング操作をサポートします。

●渋滞時は、先行車との距離を保ってスピードをコントロール。先行車に続いて停止した場合も、停止後約3秒以内に先行車が走り出すと、追従走行を継続します。自車の停止時間が約3秒を超えた場合は、先行車発進後にステアリングスイッチのRES+スイッチを押すか、アクセルペダルを軽く踏むと追従走行を開始します。

↑ここ注目です。

e-Assistでは、停車の保持が出来ませんが、マイパイロットでは停車の保持まで行ってくれます。

このような機能は、これまで軽自動車には装備されていなかった機能です。

イメージ的には高級車に装備されるような機能ですが、軽自動車でも選べる時代到来です!

2019年4月時点では、ニッサン デイズ(ハイウェイスターを含む)とミツビシのeKワゴン、このeK クロスにしかない機能となっています。

エアバッグ

1)運転席&助手席SRSエアバッグ

2)SRSサイドエアバッグ

3)SRSカーテンエアバッグ

全てのグレードで標準装備となっています。

シートヒーター

運転席と助手席に、全グレードで標準装備です。

価格

3.メーカー希望小売価格

(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれません)

車種 グレード エンジン 変速機 駆動
方式
車両本体価格
(消費税8%込)
eKクロス M DOHC 12バルブ
3気筒
(ハイブリッド)
CVT 2WD 1,414,800円
4WD 1,544,400円
G 2WD 1,555,200円
4WD 1,684,800円
T DOHC 12バルブ
3気筒
インタークーラー付
ターボチャージャー
(ハイブリッド)
2WD 1,636,200円
4WD 1,765,800円

 

車両価格は、141万円~177万円くらいとなっています。

2WDと4WDの価格差は、13万円くらいです。

ターボ付きエンジンとNAエンジンとの価格差は、8万円くらい。

ターボが必要か否かは、試乗してみないと何とも言えませんが、ハイブリッドの効果次第では、NAエンジンでも十分かもしれないです。

坂道や高速道路を多く走るならターボ車を選んでおけば、間違いは無いと思いますが…。

燃費的にもWLTCモードでの燃費では、ターボとノンターボで約2km/Lの差しかないので、走行環境次第では同じくらいの燃費、もしかしたら逆転もあるかも?!

 - 新型車(フルモデルチェンジ)


  関連記事

現行ワゴンR 33km/Lモデル
新型ワゴンR(6代目)の発売時期が遅れる!

予想通りなら、2016年の夏頃(8月~9月)に発売されるハズだった、スズキの新型 …

新型プレオプラス(第二世代)
プレオ プラス(スバル) フルモデルチェンジ! スマートアシストⅢ採用

ダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジに伴い、OEM車両のスバル・プレオ プラ …

pixismega トヨタの軽
トヨタからピクシスメガ発売!新型軽乗用車/TOYOTA

トヨタの自動車販売店で買える軽自動車としては、5車種目にあたるピクシスメガが、2 …

DAIHATSU COPEN NEW MODEL
コペンがフルモデルチェンジで、二代目へ(ダイハツ)

初代コペン(COPEN)が誕生したのが、2002年のことです。 そして、2012 …

DAIHATSU CAST 3model
キャスト誕生!ダイハツの新型軽自動車

ダイハツから久々(昨年10月以来)の新型車(ニューモデル)の誕生です! ※201 …

スズキのスペーシア ギア
スペーシア ギア(スズキ)登場!

2018年12月20日(木)に、新型スペーシア ギアが発売されました! スズキ的 …

新型ジムニー(四代目)
ジムニー(スズキ)がフルモデルチェンジ!4代目へ

2018年7月5日(木)に、全面改良(フルモデルチェンジ)が行われ、4代目ジムニ …

新型エブリイワゴン2015/02/18
スズキのエブリイとエブリイワゴン9年ぶりの新型車

おおよそ9年ぶりとなる全面改良を受けて、2015年(平成27年)2月18日(水) …

新型ワゴンR(MH35S/55S)
ワゴンR(スズキ)がフルモデルチェンジ!軽ワゴンNo.1の低燃費33.4km/L

ここのところ販売台数では今一つのスズキ ワゴンRでしたが、6代目となる新型ワゴン …

新型スペーシア(二代目)
スペーシア(スズキ) フルモデルチェンジ!安全装備を強化

スズキ(SUZUKI)の スペーシアが! 2017年12月14日(木)にフルモデ …