軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

ハスラーが全面改良で二代目へと進化!

   

2019年12月24日に、スズキよりハスラーを全面改良して、2020年1月20日(月)より販売するとの発表がありました。

初代 ハスラーは、2014年1月に発売されているので、丸6年を迎えてのフルモデルチェンジ!

ハスラー HYBRID X ターボ

公式発表は、以下のページ。

スズキ、軽乗用車 新型「ハスラー」を発売|スズキ


ハスラー(二代目)

軽自動車のSUVタイプとしては希少なモデルだけに、全面改良の内容が気になる所です!

エクステリア

キープコンセプトな印象で、一見するとフルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジではないか?とも思えるほど初代のイメージを継承していると感じます。

インテリア

メーカー曰く、「荷室側からも操作可能なリヤシートスライドや、荷室下に防汚タイプラゲッジアンダーボックスを採用するなど、使い勝手を進化させた。」とのことです。

内装色

インテリアカラーは、ボディカラーに合わせて3種類のいずれかの組み合わせになるようです。

安全装備

衝突被害軽減ブレーキである「デュアルカメラブレーキサポート」が、夜間の歩行者も検知するように!

後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」も標準装備に。

※HYBRID Gでは、非装着車も選択可能。

エアバッグに関しては、運転席・助手席SRSエアバッグのほか、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備。

ACC

ターボ車のみに、全車速での追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロール(スズキ軽初)や車線逸脱抑制機能(スズキ軽初)を装備。

NA車にも付けてほしい所ですが…。

パドルシフト

HYBRID Xターボ、HYBRID Gターボに標準装備。

他グレードは、メーカーオプション等での装備は出来ません。

シートヒーター

座面のみになりますが、運転席、助手席共に付いています。

4WD車

スノーモード付のCVTやグリップコントロール、ヒルディセントコントロールといった雪道や滑りやすいシーンなどで活躍する機能を装備。

FFとの価格差は、約13万5千円です。

価格と燃費

機種名 エンジン 駆動 変速機 燃料消費率
JC08モード
走行(km/L)
燃料消費率
WLTCモード
走行(km/L)
エコカー減税
(重量税)
価格(円)
HYBRID
G
0.66L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WD CVT 30.4 25.0 50% 1,365,100
4WD 27.8 23.4 25% 1,499,300
HYBRID
Gターボ
0.66L
DOHC
VVTターボ
(マイルドハイブリッド)
2WD 22.6 1,459,700
4WD 20.8 1,593,900
HYBRID
X
0.66L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WD 30.4 25.0 50% 1,518,000
4WD 27.8 23.4 25% 1,652,200
HYBRID
Xターボ
0.66L
DOHC
VVTターボ
(マイルドハイブリッド)
2WD 22.6 1,612,600
4WD 20.8 1,746,800

2WDのノンターボ車で25.0km/hです。

※WLTCモード値

軽自動車の中では、燃費が悪くない部類に入ると思います。

その他、詳細に関しては、公式サイト(カタログ等)で確認してください。

ハスラー | スズキ

ハスラー買うなら!

2020年中には、デイズの残クレが終了することもあり、デイズかマックスのいずれか、または2台とも買い替える予定です。

ハスラー以外にも2020年にフルモデルチェンジされる軽自動車や新型の軽自動車が登場するなど、2020年は軽(新車)選びに頭を悩ます1年になりそうです。

その中でも1月の登場という事で、このハスラーも非常に気になるモデルです。

個人的にハスラーを買うとすれば、やはりターボモデル!

「HYBRID Xターボ」「HYBRID Gターボ」のいずれかの2WDという事になります。

アダプティブクルーズコントロールとパドルシフトは欲しい機能ですので。

ただ、ハスラーのACCで残念なのは、停車の保持機能が無い点です。

停車後、約2秒でブレーキが解除されてしまうという事です。

それを考えると昨年にフルモデルチェンジされた「日産 デイズ」「三菱 eKクロス」「ホンダ N-WGN」や3月あたりにフルモデルチェンジされると思われる新型 デイズ ルークス等が有力になるかと…。

そうはいってもハスラーの魅力は、そこではないので、停車までサポートしてくれれば良いかなとも思います。

あとは新車でローンを組んで買う場合、スズキは買いにくいというイメージがあるので、そのあたりが気になります。

それと、二台ある軽自動車の内1台は小型車でも悪くないかなと!

2月に新型のホンダ フィットとトヨタのヴィッツ(新車種名:ヤリス)、スイフトもマイナーチェンジしそうなので、このあたりの小型車も気になっています。

燃費重視ならば、ヤリスのHYBRID G 1.5L(2WD)では、なんとWLTCモードが、 35.8km/L!!

 - 新型車(フルモデルチェンジ)


  関連記事

DAIHATSU MOVE CANBUS
ムーヴ キャンバス発売!注目の新機能も/ダイハツ

ダイハツ工業株式会社より、新型の軽乗用車が発売されました。 そのニューモデルは、 …

ダイハツのハイゼット キャディ
ハイゼット キャディ発売!新型軽商用車/ダイハツ

ダイハツ工業から新型の軽商用車が発売されました! 新型軽商用車「ハイゼットキャデ …

三菱自動車 eK X(クロス)
eK X(クロス)登場!SUVテイストのクロスオーバー

2019年3月28日(木)に、eK wagon(ワゴン)がフルモデルチェンジされ …

新型ワゴンR(MH35S/55S)
ワゴンR(スズキ)がフルモデルチェンジ!軽ワゴンNo.1の低燃費33.4km/L

ここのところ販売台数では今一つのスズキ ワゴンRでしたが、6代目となる新型ワゴン …

マツダ フレアの新型
新型フレア(マツダ)発売!

マツダ フレアが、フルモデルチェンジされました。 発売は、2017年3月2日(木 …

SUZUKI 3代目 アルトラパン
若い女性に人気のアルト・ラパン(スズキ)が3代目へとモデルチェンジ

2015年6月3日(水)に、全面改良(フルモデルチェンジ)が行われたスズキのアル …

DAIHATSU COPEN NEW MODEL
コペンがフルモデルチェンジで、二代目へ(ダイハツ)

初代コペン(COPEN)が誕生したのが、2002年のことです。 そして、2012 …

pixismega トヨタの軽
トヨタからピクシスメガ発売!新型軽乗用車/TOYOTA

トヨタの自動車販売店で買える軽自動車としては、5車種目にあたるピクシスメガが、2 …

二代目 N-BOX
N-BOX(ホンダ) フルモデルチェンジ!先進の安全運転支援システムを搭載

ホンダ(HONDA)の N-BOXが、フルモデルチェンジを受けて、2017年9月 …

新型ルークス(ROOX)
デイズルークス フルモデルチェンジ!車名も新たに日産 ルークスに

2020年2月25日に、新型デイズルークス発売の発表が、日産自動車株式会社よりあ …