軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

N-WGNを買うなら!ターボ車?それともNA?

   

現在の愛車は、N-WGN カスタム L ターボ ホンダセンシングです。

N-WGNカスタム ターボ

そして、N-WGN L ホンダセンシングを運転する機会があったので、乗り比べてみた感想を書いてみます。

主として、エンジンに関して!

N-WGN L ホンダセンシング

ガーデングリーン・メタリックですが、なかなか渋い色です。

それはさておき、こちらは過給機無しのNA!

消費税抜きの価格だと、1,240,000円

Lターボになると、 1,390,000円で、価格差15万円です。

消費税分10%が加わると、16万5千円となります。


エンジン比較

細かな部分までは分かりませんが、どちらも諸元からだと、ボア・ストローク共に同じS07B(水冷直列3気筒横置) を搭載。

過給機の有無で、圧縮比に違いがあり、最高出力、最大トルク違ってきます!

カスタムと標準車でのスペック的な違いは無し。

NA(ノンターボ)

最高出力(kW[PS]/rpm)

43[58]/7,300

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

65[6.6]/4,800

ターボ付

最高出力(kW[PS]/rpm)

47[64]/6,000

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

104[10.6]/2,600

最高出力では、発生回転数がNAの方が高いですが、数値的には58馬力と64馬力で、大差はないように見えます。

最大トルクの方は、ターボ車の方が数値も上ですし、低回転域で最大値となるので、この部分が実用面では大きな違いになるのかなと思います。

ただ、二代目となった新型N-BOXをホンダのカーシェアで借りたときは、NAでも十分な印象でしたが、N-WGNでは少々不満を感じてしまいました!

不満点

前の車(小型車)に続いて、赤信号で停止。

青になって前の車に一定の車間で追従しようと思うと、アクセルを普段使用しているターボ車よりも、大きく踏む必要があります。

感覚的には、5割増しくらい!

5割と書いてしまうと、誤解が生じてしまうかもしれないですが、ターボ車であればちょっとアクセルを踏むくらいの感覚の所、その倍くらいはという感じです。

すると必然ですが、エンジン回転数がターボ車よりも高くなり、エンジン音が気になりました。

タコメーターの数字的には、3,000回転くらいから気になりだして、3,500回転を超え、4,000回転に到達すると、かなり大きな音に感じ、不快な感じを受けました。

速度を上げての合流や追い越し、登坂などのシーンでも、4,000回転以上の領域を使う頻度が多くなると思うので、走行状況によってはストレスに感じる方もいらっしゃるのではないかと?!

おとな二名(120kg程度)乗車であれば、NAでもアクセル開度は大きくなり、エンジン音も大きめになりますが、動力性能的な不満は無いかと思います。

自宅に帰る急坂でも不満はなし!

軽自動車でも静粛性を重視されるなら、ターボ車がオススメ!!

動力性能的にも余裕があるので、高速道路や山坂道、乗車人数、荷物が多い方なども、やっぱりターボ車です。

あと装備面でもターボ車には、パドルシフトが付いてくるので、下り坂を多く利用される方などは、エンジンブレーキの効きも良く、運転も楽です。

NAのSモードだと、エンジンブレーキの効きが今一つでした。

それと付け加えておくと、ここのところ初代N-BOXカスタム、日産デイズ、ダイハツMAX、そしてN-WGNカスタムと、ターボ車ばかりに乗っているので、NAでは不満が出やすい環境下での感想です。

入りが、NAエンジン車で、ターボ車に乗ったことがなければ、こんなものかなと言う感じで、不満には思わない可能性も?!

乗り心地など

乗り心地自体はソフトな感じですが、今回運転した、N-WGN L ホンダセンシングでは、路面のうねりなどを素直に受ける感じで、揺れが大きめな印象。

N-WGN カスタム L ターボと比較した場合、安定感としては、少し劣ると思いましたが、感じ方は人それぞれで、これが悪いという事でもないと思います。

ただ、15インチタイヤと14インチタイヤとで、ここまで印象が違うものなのかと…。

あと諸元を見ていて気が付いたのですが、カスタム L ターボ(FF)以外では、4WDは別として、リアのスタビライザーが付いていないのですね。

このリアスタビ装着の有無が、大きく影響しているのか?

そうなると、同じカスタムでもターボ付きとNAだと、印象が違ってくるかもしれないです。

N-WGNの購入を検討されている方は、乗り比べてみるのが良さそうです!

もし不満が出たら社外品を活用してみる選択肢も…。

JH3用のリアスタビライザーは、発売されている?

サスペンション自体を変更するなど、カスタマイズしてみるのも楽しそうです!

それと、シートに関して、個人的には標準車の方が柔らかくて好みです。

カスタムの方が、固め!

見た目はカッコ良いですが…。

体重などによっても、感じ方が変わる要素だと思います。

N-WGNを借りる

ごく短時間の試乗だけでなく、実際に使ってみることも可能です。

N-WGN以外にもN-BOX、N-ONEなどホンダの軽自動車なら!

料金・車種 | Honda EveryGo

車買取

 - N-WGN, コラム


  関連記事

Goo-net 車検プラン(新品タイヤ付)
新品タイヤ付の車検プラン(軽自動車限定)

中古車情報でもお馴染み『グーネット』を運営する! 株式会社プロトコーポレーション …

新型アルト ターボRS
スズキの新型アルトにターボ付エンジン搭載モデル登場!

そう遠くないうちには出てくるのではないかと思っていましたが、ついに出ました! タ …

ドアバイザー(無限) JH3/JH4
ドアバイザー(無限製)/N-WGN(JH-3)

これまで購入してきた軽自動車・登録車を問わず! ドアバイザーの装着率は高いです。 …

タイヤ空気圧ゲージ
タイヤ空気圧ゲージの測定値を比較

今使用しているタイヤゲージ(エーモン等)とTPMSの空気圧表示が少しずれているの …

ガリバー(IDOM)の新サービス NOREL
月額39,800円で…90日毎にクルマを乗り換えられる!NOREL(ノレル)

サービス開始直後にも一度紹介したことがある! NOREL(ノレル)に、月額39, …

自動車保険料の安い損保
自動車保険料が安い損保は?

現在所有している軽自動車の自動車保険ではないのですが、自動車保険の見積もりを行っ …

高速道路で大型トラックの追い越し
軽自動車で高速道路を1000km走行した感想

一昔前の軽自動車、そう軽自動車の規格が一世代前のくらいの軽自動車では高速道路を走 …

SUZUKI Alto RJCカーオブザイヤー受賞者
2016年次 RJC CAR OF THE YEARは、スズキのアルト

先日発表になった2016年次 RJC カー オブ ザ イヤー(CAR OF TH …

no image
販売台数は過去最高!でも減益に

産経新聞の平成27年(2015年)2月10日(火曜日)掲載記事を読んで。 軽自動 …

助手席前のトレー(JH3)
インテリアラバーマットで滑り防止!見栄えも…/N-WGN(JH3)

N-BOX、デイズでも取り付けていた!インテリアラバーマットをN-WGN(JH3 …