軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

軽自動車の新車販売台数(2016年)

   

軽自動車を含む、2016年に日本国内で売れた新車の販売台数は、497万260台だったそうです。

前年比だと、1.5%減と微減に見えますが、500万台を切ったのは、5年ぶり!

この内、軽自動車の販売台数は、172万5462台です。

割合にすると、約34.7%となります。

軽自動車の販売台数に関しては、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)のサイトで、色々なデータを確認することが出来ます。

一般社団法人 全国軽自動車協会連合会


軽の新車販売台数

乗用車に限ると、134万4968台(2016年)です。

統計開始以来で、もっとも販売台数が多かった2014年の、183万9119台と比べると、50万台近く減少しています。

これだけ減った要因は、2015年に行われた軽自動車税の増税の影響が、2016年も残っていた事に加え…

2016年は、三菱自動車の燃費偽装も!

この他にも様々な要因もあると思いますが、ここ数年で大幅に売れ行きが落ち込んでいることは間違いないです。

過去は過去として、今気になるのは今年(2017年)がどうなるか?です!

2016年12月は、前年比で少し増えたようなので、その勢いのまま回復してくれると、軽自動車好きとしては嬉しいのですが…。

プラス要因としては、ホンダのN-BOXやスズキのワゴンR(マツダ・フレアを含む)、スペーシア、ダイハツのミライースといった車種のフルモデルチェンジが予想されます。

加えて、新型車の投入もあるかもしれないです?!

逆にマイナス要因は?と考えると、消費税の増税は平成31年までないと思いますし、軽自動車税の更なる増税も無いでしょう!

そう考えると、2017年は軽自動車にとって、悪くない年になる予感がします。

車買取

 - 自動車統計


  関連記事

令和 2年 5月 軽自動車 登録台数
販売台数が激減!その中でも1万台越えの… 軽自動車登録台数(2020年5月)

コロナウイルスの影響は絶大で、多くの車種で前年同月比50%に(汗。 それ以下も多 …

令和 1年5月の軽販売台数
不動の断トツNo.1 新型タントに期待! 軽自動車登録台数(2019年5月)

令和 元年(2019年)5月の軽自動車登録台数ランキングから! 前年同月比・前月 …

平成29年11月 軽自動車販売台数ランキング
11月も2万台をキープ!新型 N-BOXの売れ行き好調 軽販登録台数(2017年11月)

2017年11月においてもホンダ N-BOXは、2万台をキープする好調ぶりを見せ …

平成31年1月 軽登録販売台数 RANKING
TOP 7まで順位変動なし! 軽自動車売台数(2019年1月)

2018年12月と比較して、TOP 7までの順位は同じ! また、自動車業界の繁盛 …

令和 2年 1月 軽自動車 登録台数
N-WGNがトップ10入り! 軽自動車登録台数(2020年1月)

上位6位までに大きな変化は無く、先月2位であったスペーシアと3位であったデイズの …

平成31年3月 軽登録台数
トップ7まで1万台越え! 軽自動車売台数(2019年3月)

7位のダイハツ ミラまで1万台越えという結果を見ても、3月は1年を通して一番売れ …

平成30年7月 軽登録販売台数 トップ10
一位のN-BOXは安泰!ニューモデルで下位に変動 軽自動車売台数(2018年07月)

2018年07月は、わずかに2万台を割ってしまいましたが、断トツ1位はホンダのN …

令和 2年 8月 軽自動車 登録台数
スズキ勢が健闘! 軽自動車登録台数(2020年8月)

コロナの影響も少なからずあるかと思いますが、8月という事で15位のeK以外は、前 …

令和 2年 7月 軽自動車 登録台数
スーパーハイト系がトップ3! 軽自動車登録台数(2020年7月)

先月に続き…トップ3は、背の高いスーパーハイト系の軽自動車がランクイン! 1位は …

平成30年4月 軽自動車販売台数 ランキング
ライバルよりも6割以上売れた!N-BOXの優位性とは? 軽販売台数(2018年04月)

2018年04月は、2万台をわずかに切ってしまったホンダのN-BOX! それでも …