軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

スズキから新型の軽トラック!スーパーキャリイが誕生!

   

スズキの軽トラックである「キャリイ」の派生車種ともいえそうですが、キャビンを大きくしたスーパーキャリイが、2018年5月16日(水)に誕生しました!

新型軽トラ!スーパーキャリー


スーパーキャリイ概要

大きな特徴は2つ!

まず、キャビンの後方を拡大して、従来のキャリィよりも室内空間が広くなっています。

キャビンが後ろへ伸びたことで、シートリのクライニング機構が付いたり、シートスライド量が増えたりしたことで、快適性とシートポジションにゆとりが出ました。

さらに、全車ハイルーフ仕様となっているので、頭上空間にもゆとりが増えています。

合わせてオーバーヘッドシェルフを装備し、頭上に荷物を収納できるスペースも確保!

さらに、座席後方にも荷物を置くスペースを確保して、収納性が向上しています。

でもキャビンが長くなったことで、肝心な荷台の長さが短くなってしまったかと思いきや、キャビン下に空間を設けることで、「キャリイ」と同等の荷台フロア長を実現しています。

次に、軽トラックで初めて(※)前後の誤発進抑制機能を採用しました。

全車に標準装備とした点は、スズキとしては珍しい気がします。

いずれにしてもアクセルとブレーキの踏み間違い等による事故を防止できる機能なので、とても良いことだと思います。

「キャリイ」にも誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を標準装備。

でも、標準装備となるのは「KX」「特別仕様車KCスペシャル」「農繁スペシャル」に限定されます。

キャリイ「KCパワステ」「KCエアコン・パワステ」「KC農繁仕様」では、メーカーオプション設定。

※ 軽自動車トラッククラス。2018年5月現在、スズキ調べ。

販売目標台数

年間で「キャリイ」シリーズ」トータルで 65,000台。

月間に換算すると、5,416台。

スーパーキャリイの詳細

スズキのニュースリリースをご覧ください。

スズキ、新型軽トラック「スーパーキャリイ」を発売
-ゆとりある室内空間と、軽トラック初※1となる前後の誤発進抑制機能を装備-

車買取

 - 軽トラ・商用バン


  関連記事

無限 N-VANカタログ
無限からN-VAN用のエアロ等の各種パーツが発売に!

2018年7月13日(金)に発売となったホンダのN-VANですが、無限からカッコ …

DAIHATSU HIJET
ハイゼット トラック 一部改良でスマートアシストⅢt搭載!

ダイハツの軽商用車である「ハイゼットトラック」が一部改良されて、2018年5月2 …

N-VAN HONDA
N-VAN(エヌ バン)の全体像が見えてきました!

Hondaのホームページで先行公開されている新型の軽商用車N-VAN(エヌ バン …

ホンダの新型軽自動車バン N-VAN
N-VAN(ホンダ)発売!軽バンの新基準になることを目指して…

ホンダ(HONDA)の新型軽バン! N-VAN(エヌバン)が、2018年7月13 …