軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

車買取フリマのUllo(ウーロ)って?

   

新しい!車の売り方(売り先)が誕生です。

それは、車買取フリマのUllo(ウーロ)

車をウーロ

↑公式サイトのキャプチャー。
表示内容やデザインは変更される場合があります。


車買取フリマのUllo(ウーロ)

新車のオンライン見積もりで有名なオートックワンが始めた新しいサービスです。

↓↓↓「詳細は↓↓↓

これまで車買取業者へ売却した場合の大半は、買取された車両が事業者間での取引が行われるオートオークションへ出品され、その出品車両を中古車販売店が仕入れて販売という流れです。

中には買取車両をダイレクト販売する業者もありますが、年式が新しくて走行距離が少なく、状態の良い車両が対象で、低年式、過走行といった車両は、オートオークションへ!

そこで、Ullo(ウーロ)では、自動車ユーザーから直接!中古車販売店へ車を売却する仕組みを確立し、少しでも高く売れる環境を整えてくれています。

ですので、Ullo(ウーロ)を利用することで、車買取業者へ売却するよりも高値で愛車が売れる!

可能性があります。

出来るだけ高値で売却したいという方は、試してみる価値があるサービスだと思います。

↓↓↓「詳細は↓↓↓

↑公式サイトの方に、画像付きで分かりやすい解説あり!

手数料

出品手数料:0円

成約手数料:0円

一切費用は不要です。

高値で売れる可能性

車両の状態や時期(タイミング)などの要素によっても変わってくるので、一概には言えませんが、以下のように考えることは出来ます。

下取り < 車買取 < Ullo(ウーロ) < 個人売買

必ずこのような図式になるわけではないですが、高く売れる可能性としては、個人売買が一番高いでしょう!

あとは売却後のトラブルや手間の問題、売却までの時間などで、どのサービスを利用するのが良いのか?

個々の考え方で変わってきます。

個人売買で言えば、高く売れる可能性としては1番ですが、直ぐに買い手が決まらない可能性も高いです。

加えて、売買代金の授受や名義変更といった不安もあります。

そいいった意味では、下取りは最高です。

新しい車が納車されるまで使えますし、新しい車の購入費用に自動的に充当されるので、個人売買のような不安は無いです。

どのサービスを選ぶかは、あなた次第ですが、個人的には時間を掛けてでも、少しでも高く売りたい派です。

ということで、 Ullo(ウーロ) を使わせてもらおうと思います!

↓↓↓「詳細は↓↓↓

 - 中古車売却, 中古車売買


  関連記事

2016年5月までの愛車N-BOXカスタムTurbo
N-BOX(JF1)を売却

愛車のN-BOXカスタム(JF1)ですが、購入から約2年で売却することになりまし …

ネイキッド ターボGリミテッド
第三位 個人的に気になる!中古の軽ランキング

いよいよ第三位の発表です! 第一位は、スズキのセルボSR 第二位は、ダイハツのマ …

車査定・買取の窓口!
車査定・買取の窓口!一括査定の進化版?

車を売却する時の選択肢を一つ紹介します。 今回紹介するのは、車査定・買取の窓口と …

車査定・買取の窓口!
車査定・買取の窓口!無料相談の申し込みをしたら…

車査定・買取の窓口!一括査定の進化版?の続きです。 利用したサービスは、以下! …

ダイハツのセミトールタイプの軽自動車 MAX
第二位 個人的に気になる!中古の軽ランキング

今回(平成28年6月)の中古車購入にあたり、有力候補となった軽自動車の車種をラン …

セルボの中古車イメージ
第一位 個人的に気になる!中古の軽ランキング

今回(2016年6月)の中古車購入にあたり、有力候補だった車種をランキング形式で …

フリマ型 車買取サービス Ullo(ウーロ)
フリマ型の車買取サービス! Ullo(ウーロ)を利用する前に…

フリマ型の車買取サービス! Ullo(ウーロ)を利用して愛車を売却してみようと思 …