軽自動車へ買い替えよう

大きな車が必要ないなら、断然!軽自動車です。

*

日産(ニッサン)の残価設定型ローン/テーガク5含む

   

日産(ニッサン)での正式な名称は、残価設定型クレジットです。

日産(ニッサン)の車を購入する時に利用できる残価設定型ローン(以下、残クレ)を紹介します。


公式サイトをチェックしてみると、「日産定番の買い方!」と書かれています。

その理由が気になる所ですね!

その辺を含めて、詳しく日産の残クレを見て見ます。

⇒公式サイト

日産の残クレ基礎知識

基本的な部分に関しては、他メーカーと大きな違いがないです。

残価設定額に関しては、保証されているタイプのローンになります。

その辺を詳しく知りたい方は、以下のページを確認してください。

⇒残クレ(残価設定型ローン)とは?/商品概要編

あとは、細かな部分です。

  • 契約走行距離
  • 査定時の免責基準
  • 残クレの金利
  • 残クレ対象車種
  • 繰り上げ返済
  • クレジット利用条件
  • 値引き
  • その他

それぞれを詳しく確認してみます。

契約走行距離基準

残価額が保証される前提として、3年後や5年後の走行距離が取り決め距離以下でない場合、別途費用が発生します。

契約走行距離基準 精算 3年
(36回)
4年
(48回)
5年
(60回)
1,000km/月
コース
免責基準 36,000km 48,000km 60,000km
精算可能上限 54,000km 72,000km 90,000km
1,500km/月
コース
免責基準 54,000km 72,000km 90,000km
精算可能上限 81,000km 108,000km 135,000km

 

超過1kmに対して幾らとなるかは公式サイト上には記載されていませんが、数円程度だと思います。

また精算可能上限距離が設定されているようです。

それ以上の場合は、買取(返却)という選択肢が無くなると思われます。

また電気自動車(EV)のリーフは、6年(72回)払いもあります。

車両買取保証の条件

上記の走行距離に加えて、外装や内装の状態に応じて、別途費用負担が生じます。

日産販売会社が免責基準内がどうかの査定を行った結果、以下の免責基準を超えた分に関しては、査定減点×1,000円となります。

車種 免責基準 精算可能上限値
フーガ ・ GT-R ・ フェアレディZ ・
エルグランド ・ スカイライン クロスオーバー ・ シーマ
20万円以内 25万円
スカイライン ・ スカイライン クーペ ・ ティアナ ・ NV350キャラバン ※2 15万円以内 20万円
日産リーフ ・ シルフィ ・ ラティオ ・ ウイングロード ・ マーチ ・ ノート ・

キューブ ・ エクストレイル ・ジューク ・セレナ ・ ラフェスタ ハイウェイスター ・

NV200バネット※2・デイズ ルークス ・ デイズ ・ モコ ・ NV100クリッパー リオ
10万円以内 15万円

 

日産の残クレ対象車種

上記の表に書かれている車種となります。

日産の残クレ金利

公式サイト上には明確な記載がないので、正確な金利は販売店にて確認してください。

シュミレーション内での表示は、4.9%です。

※確認時点。変更となる可能性もあり!

ちなみに日産の軽自動車であるルークスの購入を検討した時に見積もりして頂いた際は、実質年率4.9%(分割払手数料率)でした。

ですので、今なら4.9%だと思います。

残クレの繰り上げ返済

車の乗り換えや売却などで、早期に返済を完了したい時などは、未支払い分を一括して返済することが可能です。

ただし、部分的な繰り上げ返済は出来ません。

残クレ利用時の値引き

スズキのように車両本体価格からの値引きが出来ないと言ったことはなく、現金一括払いや通常ローン同様に値引きの交渉は可能でした。

※全国共通かは不明。

ですので、通常ローンの金利が、残クレよりも高く設定されている日産の自動車購入では、ローンを組む型の大半は残クレを選ぶことになります。

ローンの利用金額にもよりますが、利用額が多ければ10万単位で支払総額が変わってきますから!

そういった意味で「日産定番の買い方!」なのかもしれないです。

残クレのシュミレーション

日産自動車の公式サイトから概算シミュレーションが可能です。

デイズのシュミレーションは、⇒こちら

その他の車種をシュミレーションしたい場合は、デイズのページ下にある他車種をクリックすることで表示されます。

日産テーガク5

日産の残クレにプラスして、メンテプロパック54とグッドプラス保証がセットになった商品です。

他メーカーで言えば、メンテナンスパックと延長保証を付けたケースと同じです。

消耗品類の交換(タイヤ、バッテリー等)と車検時の諸費用(自賠責保険料、車両重量税など)、鈑金等の修理代は自己負担になりますが、車を維持(5年間)のメンテナンスと故障までの費用が、毎月の支払い額に含まれているので、急な出費に悩まされなくて済むのがメリットです。

ただし、点検費用など、都度現金払いしていれば掛からない金利が上乗せされるので、総支払額としては増えるのがデメリットです。

ニッサンの残クレ特徴

各軽自動車を販売しているメーカーの販売店で見積もり(残クレ払い)を取得した印象です。

デイズのハイウェイスターと、カスタム系のターボ車の比較をしたところ、残価(最終回支払い分)が日産の場合少し高めに設定されているようです。

アラウンドビューモニターが標準装備なので、車両価格自体が僅かに高めということも影響がないとは言えませんが、5年払いで残価が50万円以上なので…。

車買取

 - 残価設定型クレジット


  関連記事

チェック!
残価設定型クレジット/ローン利用時のチェックポイント

残価設定型クレジット/ローン(以下、残クレ)を利用して、車を購入する時に確認して …

SUZUKIの残価設定ローン「かえるプラン」
スズキ(SUZUKI)の残価設定クレジット「かえるプラン」

スズキの車を購入する時に利用できる残価設定型ローン(以下、残クレ)を紹介します。 …

据置型のクレジット(ローン)
据置型クレジット/ローンの概要

残価設定型クレジット(ローン)と似たような自動車ローンが、据置型クレジット(ロー …

マツダの残価設定ローンは、軽は対象外
マツダ(MAZDA)の残価設定型ローン/スカイプラン

クリーンディーゼルエンジンや新型ロードスター等で、勢いのあるマツダの車を購入する …

HONDAの残価設定型ローン
ホンダ(HONDA)の残価設定型クレジット「残クレ」

ホンダの車を買うなら積極的に利用してみたいと思う残価設定型ローン(以下、残クレ) …

残価設定型クレジットのデメリット解説
残クレ(残価設定型ローン)利用のデメリット

残クレ(残価設定型ローン)を使った場合のデメリット等について個人的な見解を書きま …

残価設定クレジットのメリット解説
残クレ(残価設定型ローン)利用のメリット

残クレ(残価設定型ローン)を使った場合のメリット等について紹介します! このロー …

残クレ(タイトル)画像
残価設定型ローン/呼称編

近年ではローンを組んで自動車を購入される方の多くは残価設定型ローンを組んでいると …

自動車リサイクル券
返却をキャンセルして、デイズを大手車買取業者へ売却!

残価設定型クレジット(日産での商品名:日産ビッグバリュークレジット)で購入したデ …

コスモ石油の個人向けカーリース
コスモスマートビークルと残クレ(残価設定型ローン)

残クレ(残価設定型ローン)に興味がある方は、コスモ石油のコスモスマートビークルに …